[超最新版] 世界ランキングトップ10!? タイのSNSユーザー数事情 2017年


ボーフィス大器
Marketing Manager

みなさん、こんにちは!DTK ADのマーケター、ボーフィスです。

 

モバイルの普及がどんどん進む中、SNSの利用者が急激に増えているタイ。DTKでも以前タイのSNSに関する19の事情についてこちらでまとめました。

 

今回の記事では、そんなタイの最新SNS(Facebook、Instagram、Twitter)アクティブユーザー数についてそれぞれまとめました。

 

では早速行ってみましょう!

 

タイのSNSユーザー数について

 

5月1日に発表されたThoth Zocialの調査結果によると、2017年にタイのソーシャルメディア利用者増加率が世界でトップ10位になりました。

 

それでは各ソーシャルメディアのユーザー数をご覧ください。

social media in thailand 2017

 画像引用元:Thoth Zocial

 

Facebookユーザー数:47,000,000 (前年比 15%増)

Instagramユーザー数:11,000,000 (前年比 41%増)

Twitterユーザー数:9,000,000 (前年比 70%増)

 

こっ、こんなにユーザー数いたの!?

 

と思うぐらいびっくりの数値だと思います。

 

それではそれぞれのSNSのユーザー数を詳しくみていきましょう。

 

タイのFacebook事情

タイ facebook ユーザー数 2017

 

2016年と比べると、タイはFacebookのユーザー数世界ランキングトップ8位から9位に下がりました。

 

しかし、バンコクはFacebookの首都別ユーザー数ランキングには、引き続き1位で2,700万ユーザーいます。

 

具体的な数値は明かされていませんがバンコクに続いて、チョンブリ、チェンマイ、ナコーン・ラチャシマーもFacebookユーザー数が多いみたいです。

 

タイのFacebookユーザーが一番アクティブな時間帯は平日就業時間内と土曜日の午後6時から11時です。

 

就業時間内というのが経営者からすると、ネックポイントですが、これもタイあるあるの一つですね。

 

さらに同調査結果によると、2016年内に各SNSのメッセンジャーで送られたメッセージ総数は25億で、2015年と比較すると約1億下がりました。

 

メッセージ数が下がった理由として、プミポン国王の追悼期間の影響というレポートが出されています。

 

国王の影響がここまでSNSに響くのもタイらしいですね。

 

タイのソーシャルメディアリサーチ会社OBVOC CO.の調査結果によると、タイのFacebookメッセンジャーのユーザー数ランキングが2,100万人で世界第5位です。

 

タイのInstagram事情

タイ instagram ユーザー数 2017年

 

Facebookに続いて、次はInstagram事情について説明していきます。

 

タイのインスタグラムユーザー数は2017年5月1日地点で1,100万人。2016年と比べ41%もユーザー数が伸びる結果となりました。

 

タイのユーザー数世界別ランキングとしては第13位。ちなみに日本は第9位みたいです。

 

タイのTwitter事情

タイ Twitter ユーザー数 2017年

 

タイであまりTwitterを利用している人は多くないと思っていましたが、もう無視できないSNSとなってきています。

 

Twitterのアクティブユーザー数は900万人で、2016年と比較すると70%も増加しています。

 

タイ人は一日に約5.5ツイートをすると公表されており、Twitterを頻繁に使う時間帯は午後10時から深夜の間です。

 

Twitterのユーザー数が急激に伸びている理由を3つ考察してみました。

 

タイのTwitterのユーザー数が急激に伸びた理由を考えてみた(社内調べ)

1 Facebookのアルゴリズムの変化が影響しているのでは?

 

Facebookのアルゴリズムの変化が影響されている点です。Facebookのアルゴリズムの所為で、友達の投稿などもニュースフィードに流れなくなってしまうケースがあるため、確実にタイムラインに流れるTwitterを使い始めた。

 

2 情報伝達スピードの速さ、匿名性がポイントなのでは?

 

もう一つは、情報のスピードが早く、さらに匿名性であるためFacebookとは違いレビューやコメントに本音を書けるという点で、信憑性が高いところ。

 

最近では、ビジネスマンなどの多忙な人の行動パターンが変わり、テレビやYouTube、Facebook動画では時間の消費量が多いため、Twitterで情報収集する人が増えたこともポイントです。

 

3 海外のスターをフォローするためなのでは?

 

海外のスター、特に韓国の芸能人をフォローする人が増えているためTwitterに熱狂的なファンが増加しているのではと考えてみました。また日本のアニメ、漫画好きな人もTwitterで情報収集しています。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

バンコクが首都別Facebookユーザー数ランキング1位なのは、耳にしたことがあると思いますが、ここまでTwitterが伸びきていているのも非常に興味深いと思います。

 

どの数値をとっても、タイでマーケティング活動を考慮する企業にとって、SNSマーケティングは無視できないプラットフォームであることがご理解いただけと思います。

 

DTKのブログでは今後も、タイのソーシャルメディア利用状況に注目したいと思います。

 

以上、「2017年、タイの最新SNSユーザー、ソーシャルメディア事情のまとめ」でした。

 

タイでのSNSマーケティングを取り組みたい企業様は、お気軽にお問い合わせください。 


2017 © DTK AD. All rights reserved.